飲む日焼け止め メカニズム

飲む日焼け止めにはどんな成分が入ってる?

飲むだけで日焼け止め効果を得られる成分は主に、フェーンブロックを含むタイプか、ニュートロックスサンを含むタイプかに分類されます。いずれも日焼け止めとしての効果が実証されている成分です。

 

フェーンブロックはシダ植物を原料にしたものであり、PLエキス(ポリポディウムリュウコトモス)を多く含むのが特徴です。そしてこの成分の働きによってシミやシワを予防できることが分かっています。

 

効果を発揮する具体的なメカニズムとしては、まず抗酸化作用を持っているのが理由です。紫外線を浴びると活性酸素が増加してしまい、その影響で細胞をさび付かせてしまいます。それによって肌が衰えシミもできやすくなってしまいますが、フェーンブロックの抗酸化作用で増え過ぎた活性酸素を除去してくれます。

 

ランゲルハンス細胞と呼ばれる免疫細胞の正常化に貢献するのも特徴です。本来はこの細胞が正常に働くことで紫外線からのダメージもガードしてくれていますが、加齢やストレス、そして紫外線の影響などによって劣化してしまうのです。フェーンブロックには免疫細胞を活性化させる作用もありますので、本来のガード機能が正常に働くように役立ちます。
その他にもDNA保護やコラーゲン減少の抑制などの効果もあり、シミだけでなくシワの予防になってくれるのがフェーンブロックの特徴です。続いてニュートロックスサンですが、原料はローズマリー葉とシトラス果実です。そしてそこから抽出された複数のポリフェノールをニュートロックスサンと呼び、日焼け止め効果の主成分となっています。

 

効果を発揮するメカニズムとしては、こちらに関しても活性酸素を除去する働きがあります。抗酸化作用を持っていますので肌の劣化を防ぎ、シミをはじめとする肌トラブルの予防に有用です。継続摂取することで効果も高まると言われていますので、続けていくのが上手に活用するコツと言えるでしょう。

 

抗炎症作用があるため、細胞の炎症予防に効果を発揮してくれるのも特徴です。炎症が起こった状態でもある日焼けを予防してくれますので、シミができにくい肌状態をキープしてくれる働きに期待ができます。

 

なお、日焼けをした後から飲んでも効果を発揮してくれるため、日焼け対策を忘れてしまった時のアフターケアとしても活用することが可能です。他にもニュートロックスサンにはビタミンDの生成の阻害にならないという良さもあります。日焼け止めクリームなどで紫外線をカットすると、紫外線を浴びることで生成されるビタミンDが作られにくくなりますが、ニュートロックスサンですと生成の阻害をすることなく紫外線対策ができるのです。