顔 日焼け止め

顔の日焼け止めの選び方と紫外線対策

サングラスをかける女性と日焼け止めクリーム

現在では季節に関係なく、紫外線防止のために日焼け止めクリームなどを塗ることが一般的になっていますが、顔に塗る日焼け止めクリームはどのようなものを選べばいいのか分からないという方がいるのも事実です。

 

顔に塗る場合、メイクなどをすることも考えますと、あまり油分の多いものは避けるということが大切になります。

 

 

顔用の日焼け止めの選び方

顔に塗る日焼け止めの種類はクリームだけではなく、リキッドタイプやパウダータイプのものなどバリエーションが豊富ですが、メイクをする場合は下地として使用できるものを選ぶということもポイントになります。

 

と言いますのも、下地として使用できる日焼け止めの場合、上からメイクをしたとしても白浮きしないというメリットがあるからです。

 

肌質に合わせた日焼け止め選び

ビーチにあるサングラスと日焼け止めローション

そのほかにも、顔に塗る日焼け止めの選び方としましては、肌質のタイプによって違ってくることがわかります。たとえば脂性肌の方の場合、日焼け止めクリームを塗ることによって肌の油分が余計に増えてしまって、化粧崩れを起こすということもあり得るからです。

 

ですから、脂性肌の方の場合はクリームタイプの日焼け止めよりも、パウダータイプのもののほうが適していると言えるわけです。

 

このように、顔に塗る日焼け止めの選び方は、肌質のタイプによって異なってくるということがわかりますが、クリームタイプやリキッドタイプ、あるいはパウダータイプだとしても、肝心なことは日焼けの対策をおこなうということですから、自分自身の肌に合ったものを選ぶということが重要になってくることは確かです。

 

顔というものはいちばん紫外線があたる場所ですから、日焼け対策をおこなう際にもこまめに塗りなおすということが大切になります。このようなことから、顔に塗る日焼け対策として必要なのは、アレルギーなどを起こさない成分であるということも大事です。いずれにしましても、顔に塗るときには成分をよく確認することがポイントです。

 

おすすめの紫外線対策エイジングケアクリーム
ベストコスメ受賞!付け心地が軽くさらっと伸びる、肌質を選ばない、乾燥しない!
⇒ POLA(ポーラ)B.Aプロテクター


 

メイクで顔が白浮きしない日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗って白浮きしてしまう人はなぜ白浮きしてしまうかをまず知らなければいけません。白浮きしてしまう原因は日焼け止めの成分にあります。日焼け止めの成分には紫外線吸収剤もしくは散乱剤が配合されています。

 

紫外線吸収剤の機能

紫外線吸収剤は紫外線を吸収して肌の表面で熱に変化して紫外線が肌内部に入っていくのを防いでくれます。紫外線吸収剤が配合された日焼け止めは透明でさらさらとしているので白浮きしません。

 

しかし乾燥やかぶれ、ひどい時には紫外線アレルギーを引き起こす作用をもっています。乾燥肌や敏感肌の方にはお勧めしません。ただ、白浮きが嫌だという方にはこちらの日焼け止めをお勧めします。

 

紫外線散乱剤の機能

散乱剤は光を反射させる白粒子が紫外線を防止してくれます。散乱剤が配合されている日焼け止めが白浮きの原因で、光を反射させる働きが大きいほど白浮きしてしまいます。しかし、肌への負担や肌トラブルが少ないのが利点です。

 

白浮きが嫌な人もこれらの情報を踏まえた上で自分の肌質にあった日焼け止めを使用しましょう。

 

日焼け止めと化粧下地の使い方は?

日焼け止めを化粧下地として使うことは肌に悪そうなイメージがありますが、化粧下地にも紫外線防止剤が入っているものが多いのでどちらにしても肌にとっては同じことです。日焼け止めと化粧下地をどっちも使う場合は先に日焼け止めから塗ります。

 

化粧下地の意味はファンデーションのノリと密着感を高めるものなので、化粧下地の上に日焼け止めを塗っては意味がないのです。日焼け止めを化粧下地として使うメリットはメイクの手間が省ける事、汗で落ちにくいのでメイクの崩れが少ない、日焼け止めの成分が皮脂を吸着して肌をさらさらに保ってくれる事です。

 

逆にデメリットもあり、日焼け止めには化学成分や紫外線吸収剤が配合されています。なので敏感肌の方は直に肌に付けると肌荒れの原因になります。その場合は、肌に保湿剤を塗ってから紫外線散乱剤やオーガニック成分、SPFの低い日焼け止めと化粧下地を別々に使った方がいいでしょう。2通りで肌をカバーするのでその方が紫外線防止効果が上がりそうです。自分の肌や使い勝手で日焼け止め化粧下地を選んでみましょう!