赤ちゃん 日焼け止め

赤ちゃん・子どもの紫外線対策|赤ちゃんでも使える日焼け止め

紫外線は赤ちゃんにとっても有害なものです。幼少期の頃からの日焼けは大人になってからしみ、くすみ、そばかすの原因になってしまいます。ひどい時には皮膚がんになる可能性もあります。紫外線の怖いところは体から排出されずに溜まっていく性質を持っているところです。なので、幼少期から思春期まで体に何の影響が出なくても、成人して体に悪影響が出る場合もあるのです。そのような結果にならないように、赤ちゃんの頃からしっかりと紫外線対策をする事が重要であり、親御さんの役目でもあります。

 

赤ちゃんにも使える日焼け止めクリームは紫外線吸収剤や散乱剤が配合されていないなるべくノンケミカルなものを選びましょう。赤ちゃんの口に入ってもの大丈夫な天然成分で出来ている日焼け止めが安心して使用できます。SPFも低いもの(10〜20)を選び、汗で流れ落ちてしまったらこまめに塗り直してあげましょう。また、洗い流す際も低刺激の石鹸を使用できるものがいいです。日差しが強い日は赤ちゃんも紫外線対策をして安心してお出かけしましょう!

 

紫外線吸収剤不使用!無添加・無香料・無着色!
芸能界でも人気の赤ちゃんにも使える安心安全の日焼け止めスプレーこちら
アロベビー

紫外線が与える子供の肌への影響

子供はいっぱい日を浴び方がいいなんて時代遅れな話です!子供の肌も紫外線でダメージを受けています。紫外線は体に溜まる性質を持っているので、紫外線に当たりすぎると紫外線アレルギーを発症してしまう恐れがあります。日本は衣食住の変化で体の免疫力が下がり、特に子供はアレルギーを起こしやすい体になっています。なので、子供の時から紫外線対策は必要です。日中の炎天下に遊びに外出する時や、部活動で長時間紫外線を浴びる時は汗に強い日焼け止めを塗りましょう。

 

子供の肌に塗る日焼け止めは紫外線散乱剤配合のものにして子供の肌になるべく刺激を与えないものした方がよいです。子供が日焼け止めを塗るのを嫌がる時はスプレータイプの日焼け止めや帽子をかぶせて紫外線対策をしましょう!家に帰ってきたらトマト、バナナ、ビタミンC類など紫外線に効果がある食べ物、飲み物を与えると紫外線のダメージを体内から修復することができます。子供の頃からの紫外線対策が大人になって紫外線アレルギーにならない対策の一つです!