肌断食 紫外線対策

肌断食中の紫外線対策は?

元から肌に備わっている皮膚修復機能を活発にする為に行う肌断食は、その期間は基本的に何も肌につけません。肌に何かを付けて肌に負担を掛けないようにするのが肌断食のやり方です。なので紫外線対策の日焼け止めももちろん塗りません。

 

肌断食中は紫外線吸収剤の入った日焼け止めはNG

日焼け止めクリームは成分に紫外線吸収剤が入っていると肌に負担がかかり肌トラブルを引き起こしやすいです。しかし、肌に何もつけないとなると紫外線は肌にダメージを与えてしまいます。肌断食中に肌に負担を掛けずに紫外線を防止する方法はいくつかありますが、一番のおすすめが飲む日焼け止めサプリメントです。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、紫外線、特に肌の内部へのダメージを与えるUVAに対して強い効果を発揮します。成分は日焼け止め効果のあるニュートロックスサンフェーンブロックという植物由来成分を使用しているものが多く副作用の心配もほとんどありません。

 

医薬品ではなく、健康食品に分類されるサプリメントですので、薬局やインターネット通販で購入できる製品がほとんどです。飲む日焼け止めであれば、肌に日焼け止めを塗ることができない肌断食中でも、安心して使用することができますので、大変おすすめです。

 

飲む日焼け止めランキング

 

室内の紫外線対策

カーテンと窓

肌断食中は基本的には室内で過ごすことが前提となりますが、窓ガラスやカーテンにUVカット対策が施されていない限りは室内でも紫外線は入ってきてしまいます。そのため、窓ガラスまでは手間もコストもかかりますので、そこまでできないという方には、できる限りUVカットをしてくれるカーテンを付けます。

 

そうすれば家の中に入ってくる紫外線を削減する事が簡単にできます。また、物理的な紫外線対策のほかにも、先ほど紹介しました、飲む日焼け止めなどを併用して対策することで、肌断食中でも効率的に紫外線対策を施すことが可能になります。

 

外出の時の紫外線対策

日焼け対策

外出時はUVカット加工のサングラス、つばの大きい帽子、顔を隠すマスクが必要になります。マスクは種類が豊富になるのでオシャレに紫外線を防止出来そうです。肌断食は長期なので、やはり肌に付ける日焼け止めが必要になる事もあります。

 

そんな時は100%オーガニックの日焼け止めの使用をお勧めします。添加物、化学化合物が一切入っていない自然由来のものなら肌への刺激も少ないので肌断食中も安心して使用することができます。

 

紫外線吸収剤不使用!無添加・無香料・無着色!
芸能界でも人気の赤ちゃんにも使える安心安全の日焼け止めスプレーこちら
アロベビー