紫外線 対策 食べ物

積極的に食べたい!紫外線対策に効果的な食べ物

日頃の食生活からも紫外線に強い肌を作ることは可能です。日焼け止めクリームだけじゃ不安!という方は紫外線をブロックする身近な食べ物を積極的に食べましょう。紫外線を浴びた後に肌内部に発生している活性酸素(肌老化の原因)を抗酸化作用がある食べ物で紫外線に強い肌を作っていきましょう。

 

紫外線に強い肌を作れる食べ物

紫外線の浴びすぎによりシミやそばかすなどの肌トラブルを引き起こします。原因はメラニン色素が皮膚に沈着することによるものです。

 

また、紫外線を浴び続けた肌は活性酸素により、酸化が進んでしまいシミやそばかすだけでなく、シワや乾燥肌などのトラブルも引き起こしてしまうのです。そのため、食べ物で紫外線対策をしたい場合は、抗酸化作用の高い食べ物を取ることが必要です。

 

抗酸化作用の高い栄養素とそれらを含む食べ物

抗酸化作用の高い栄養素として代表的なものはポリフェノール、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCとなります。これらの栄養素は特に野菜や果物から多く摂取できますので、美容やダイエットにも効果的ですので、普段から意識して積極的に食べることをおすすめします。

 

ポリフェノール

 

ワインとお茶の葉を摘む女性

ポリフェノールを含む食品の代表的なものがワインです。
ポリフェノールは活性酸素を無害化する作用があります。

  • アントシアニン
  • ブルーベリー、赤ワイン、紫いも

  • カテキン
  • 緑茶

  • 大豆サポニン
  • 大豆、納豆、豆乳、おから

  • クルクミン
  • ウコン茶、カレー粉

 

ビタミンA、C、E

 

ざるに入った野菜

ビタミンA、C、Eは抗酸化ビタミンと言われるもので、紫外線やストレス、喫煙などで発生する過酸化脂質を抑えて酸化で傷ついた細胞の回復を早めてくれる働きがあります。

  • ビタミンA
  • モロヘイヤ、にんじん、西洋かぼちゃ、大根葉、小松菜

  • ビタミンC
  • アセロラ、柿、赤ピーマン、ネーブル、グレープフルーツ

  • ビタミンE
  • アーモンド、西洋かぼちゃ、ウナギ蒲焼、ひまわり油、赤ピーマン

 

他にも積極的に食べたい物はバナナ、アボカド、アーモンド等があります。バナナに含まれるビタミン6、2は強力な抗酸化作用を持ち活性酸素を壊す働きがあります。さらに食べてもらいたいものが脂質性のビタミンCと抗酸化作用のビタミンEを持つアボカドです。

 

水溶性のビタミンCは体内に長く留まらず排出されてしまうので、長く留まる脂質性のビタミンCを含む食べ物を選んで食べる事をお勧めします。いつでも手軽に取り入れれる食べ物はビタミンEを含むアーモンドです。なんと肌内部から紫外線をブロックしてくれるケルセチンも大量に含まれています。

 

海外では卵や身近な食べ物に配合されているオメガ3脂肪酸も紫外線をブロックしてくれる働きがあります。日本ではまだ馴染みがないオメガ3脂肪酸ですが、青魚を食べることによって摂取できます。この機会に普段食べている物に紫外線をブロックしてくれる食べ物をプラスしていきましょう。