日焼け止め 紫外線 海外旅行

海外旅行での強い紫外線におすすめの日焼け対策

海外旅行に行くと日本よりも日差しを強く感じることが多いと思います。地域にもよりますが、海外の紫外線量は日本よりも高いからです。海外の日差しを浴びるとじりじりと肌が焼けている感覚がよくわかります。海外は日本より大気汚染が少ない事で紫外線が地上に届きやすいのです。なので海外旅行の際は日本の紫外線対策より気を使わなければいけません。海外の日焼け止めクリームは日本のものと比べて成分が少し強めなので肌が荒れてしまう事があります。日本からSPFが高い日焼け止めクリームを持ってくることをお勧めします。日差しが強ければ地面の照り返しも強いので目を保護する為にUVカット加工されたサングラスも必要です。頭皮や髪の日焼けを防ぐ帽子は麦わら帽子のように通気性の良いものを選びましょう。もっと紫外線対策を強化したい場合は、日本で話題の飲む日焼け止めを服用してみましょう。日焼け止めクリームと併用して使用すれば効果は2倍です。日焼けの心配をせずに海外旅行を楽しむには必要なアイテムです!

旅行の荷物にならない日焼け止めってある?

国内旅行でも海外旅行でも必ず持って行ってほしいのは日焼け止めですが、荷物として持って行きやすくて使い勝手が良い日焼け止めアイテムが旅行には最適です。ファンデーションに日焼け止め成分が入ったものならファンデーションと日焼け止めクリームを別々に持って行かなくていいのでお勧めです。日焼け止めファンデーションの上に日焼け止めパウダーをのせれば紫外線防止を強化できます。日焼け止めパウダーもコンパクトで持ち運びしやすく、簡単に塗り直しも出来るので旅行には最適です。旅行のスケジュールが詰まってて日焼け止めを塗り直す時間なんてない方にはUVフェイスミストがお勧めです。メイクの上からシュっと一吹きするだけで汗や皮脂で日焼け止めが落ちた部分をカバーしてくれます。日焼け止めスプレーと違ってスリムサイズで重くないので荷物に入れてもかさばりません。楽しい旅行に手軽に持っていける&時短になる紫外線対策アイテムを見つけましょう。

日焼けを気にせずアウトドアを楽しみたい!

天気がいい日はアウトドアで海、山、川へ行かれる方もいらっしゃると思います。長時間外にいればそれだけ有害な紫外線を直接浴びてしまいます。体の為にもしっかりとした紫外線対策をしましょう。海水浴や川に出掛ける際は水に強いウォータープルーフの日焼け止めを塗り、水に入った後にはこまめに塗り直しましょう。特に海は砂によって照り返しが強く紫外線を2倍浴びてしまいます。UV加工のサングラス、帽子、スカーフを持って行かれることをお勧めします。さらにビーチパラソルも紫外線防止になるので必需品です。山へ出掛ける際には持ち運び便利な固形タイプの日焼け止めをお勧めします。日焼け止めの成分に虫を寄せ付けないハッカ油、ユーカリが配合されているものがあるのでチェックしてみてください。首元が焼けないようにアウトドア用UVカットフェイスカバーと目の保護の為にサングラスも紫外線が強い山の上では必要になりそうです。アウトドアに出掛ける際には万全な紫外線対策をしましょう!

紫外線が強い海へ行くときにしたい日焼け対策

夏の思い出と言えば何を連想するでしょう。誰と思い出を作るかは別としても、夏はイベントの季節と言って過言ではないでしょう。新しい水着を買って海やプールに行く人もいるでしょう。浴衣を着て花火大会や夏祭りを楽しむのも風流です。海辺や川辺でキャンプやバーベキューなど楽しむのも夏ならではの楽しみ方です。いずれにしてもアウトドアで楽しむことが多い季節でもあります。夏のイベントを楽しむ人たちにとって、夏はとても待ち遠しい季節です。しかしながら、特に女性にとっては、夏は日焼け対策が必要な季節でもあるのです。日焼けした小麦色の素肌も健康的で魅力があります。一度は夏に海で素肌を焼いてみた経験がある人もいるでしょう。しかしながら、後々を考えると、紫外線を浴びてでシミが出来てしまうことは避けたいと考える人は少なくないのです。出来れば夏も日焼け対策を万全にして、色白のまま夏のイベントをたくさん楽しみたいものです。特に海に行く時は日焼け対策が必要です。水着で肌を露出することも勿論その理由ですが、浜辺では紫外線の量が多くなるのです。遮るものがなく直接太陽から降り注ぐ紫外線もそうですが、浜辺の砂浜はアスファルトや草地に比べて紫外線の反射率も高くなっているのです。また、肌が水にぬれている場合には紫外線の透過率も高くなるのです。この様に浜辺では普段よりも強い紫外線にさらされている意識が必要です。具体的な海に行くときの日焼け対策としては、まずは泳がない時には、服を着て肌の露出を減らすことが第一です。UVカットの素材の服はより効果を期待できます。つばの広い帽子も欠かせないですね。テントやパラソルなどで日除けの環境を作ることも大切です。また、ラッシュガードの水着もファッション性が高くなってきましたので、新しい水着を探す場合は試してみてもいいでしょう。一番肝心なUVケア製品としては、肌が弱い人は使用に特に注意しなければいけませんが、紫外線吸収剤などのUVケア効果の高い製品を試す価値はあります。汗や水にも強いウォータープルーフもお勧めです。