日焼け止め 化粧下地

日焼け止めと化粧下地の使い方は?

日焼け止めを化粧下地として使うことは肌に悪そうなイメージがありますが、化粧下地にも紫外線防止剤が入っているものが多いのでどちらにしても肌にとっては同じことです。日焼け止めと化粧下地をどっちも使う場合は先に日焼け止めから塗ります。

 

化粧下地の意味はファンデーションのノリと密着感を高めるものなので、化粧下地の上に日焼け止めを塗っては意味がないのです。日焼け止めを化粧下地として使うメリットはメイクの手間が省ける事、汗で落ちにくいのでメイクの崩れが少ない、日焼け止めの成分が皮脂を吸着して肌をさらさらに保ってくれる事です。

 

逆にデメリットもあり、日焼け止めには化学成分や紫外線吸収剤が配合されています。なので敏感肌の方は直に肌に付けると肌荒れの原因になります。その場合は、肌に保湿剤を塗ってから紫外線散乱剤やオーガニック成分、SPFの低い日焼け止めと化粧下地を別々に使った方がいいでしょう。

 

2通りで肌をカバーするのでその方が紫外線防止効果が上がりそうです。自分の肌や使い勝手で日焼け止め化粧下地を選んでみましょう!