日焼け止め 使えない 紫外線対策

肌トラブルで日焼け止めが使えない人には飲む日焼け止めがおすすめ

  • 紫外線対策をしたいけど肌が弱い
  • 日焼け止めクリームは敏感肌でトラブルを起こしてしまう
  • 子供のプールの時間などに日焼け止めを使わせてあげたいけど禁止されている
  • 顔の紫外線対策をしたいけど、白浮きしてしまうのが嫌
  • 日焼け止めクリームではいくら塗っても焼けてしまうからどうして良いか分からない
  • 汗で流れてしまうから塗る日焼け止め以外のものを探している

 

肌荒れを起こしている女性

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?私自身は日焼け止めクリームで肌荒れしてしまうのと、日焼け止めクリームに含まれる成分が肌にはよくないという噂を聞き、使いたくないと思い始めました。

 

そもそも、肌に塗って荒れてしまうって、よほどよくない成分が入っているんだろうなぁと、落ち着いて考えてみると不思議に思いますよね。将来のシミやしわ、そばかす、たるみなどの
肌の老化を防ぎたくて紫外線対策をしているのに、それで肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒ですよね。そんな人におすすめなのが、最近話題の飲む日焼け止めです。

 

既にご存知の方も多いかと思いますが、数年前には「ヘリオケア」という海外製の商品がほぼ市場を独占していましたが、最近では日本のメーカーからも多くの飲む日焼け止めが販売されており、その人気も上昇傾向にあります。また、最近では紫外線の肌への将来的な影響が認知されてきており、夏場だけではなく1年を通して紫外線対策を行う方も断然増えているようです。そのような市場環境にも伴い、飲む日焼け止めの売れ行きも上昇傾向とのことです。

 

飲む日焼け止めのメリット

  1. 1日1回飲むだけなので、手間と時間がかからない。
  2. 飲むだけなので敏感肌など肌の弱い方にも安心して使用できる。
  3. 薬ではなくサプリメントなので副作用の心配が少ない。
  4. 塗り忘れによる部分やけの心配がない。
  5. 将来的な肌老化を防止できるので長期的なコストメリットが高い。

 

飲む日焼け止めの使い方

飲む日焼け止めの使い方は簡単で、外出する30分前、つまり、紫外線を浴びる状況になる前に必要な分量を飲むだけです。それだけで日焼け止め効果が得ることができます。

 

飲む日焼け止めの効果

つるつるのお肌の女性

飲む日焼け止めだけでは肌が黒くなることは防ぎきれません。肌の黒色化、炎症の抑制効果は実感することができますが、完全に白い肌を保ちたいという方には塗る日焼け止めと併用することをお勧めします。

 

そうすることで、肌の紫外線予防と肌の黒色化、炎症を最大限に防ぐ効果を期待できます。飲む日焼け止めは短期的な効果だけでなく、メインとなるポイントは長期的な効果、つまりは紫外線を浴び続けることでできてしまう、年齢を重ねてからのシミ、しわ、そばかす、くすみなどの肌トラブルを事前に防止することです。

 

継続的に飲み続けることで、将来もきれいな素肌を保つことが期待できるのが飲む日焼け止めなのです。