日焼け止め 選び方

日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めの選び方としては、自分のライフスタイルに合っているかどうか、どの箇所に使用するか、どのくらいの程度のUVケア効果を期待するかなどです。着目すべきポイントとしては、どのようなタイプでどのようなテクスチャーであるか、顔用かボディ用か、紫外線の防止効果をあらわす目安であるSPFの数値はどのくらいかなどについてです。紫外線対策としては、飲む日焼け止めと併用することで最大限の効果を発揮することが期待できます。

 

SPFはどれくらい?

SPFの数値は高ければ高いほど日焼け止めの効果も高いということになります。通勤や通学や買い物などの日常生活で使用する場合はSPF30程度で十分です。長時間屋外で過ごすレジャーなどで使用する場合はSPF50程度のものを選びましょう。そして、日焼け止めをこまめに塗りなおすということも心がける必要があります。

 

塗る個所によって使うものを選ぶ

夏場は汗や皮脂の分泌が活発になるので日焼け止めが流れてしまい効果が弱まってしまうことがありますので注意しましょう。顔に使用する場合は顔用のものを選び、首から下の体に使用する場合はボディ用のものを選びましょう。顔に使用する場合は、メイクののりが悪くなったりすることもありますのでUVケア効果がある専用の化粧品を使用するのもおすすめです。

 

テクスチャーで選ぶ

そして、自分の好みの使用感やテクスチャーのものを選ぶということも大切です。日焼け止めが苦手であるという人にはローションタイプジェルタイプの柔らかめのテクスチャーで肌に薄く伸びるものがおすすめです。日傘や帽子と組み合わせて紫外線対策をするという方法も効果的です。

 

塗る日焼け止めクリームの落とし穴

美肌を保つには肌のお手入れは欠かせませんが、初心者の方は紫外線対策をしていない方も多いです。太陽光に含まれている紫外線は肌に負担をかけてしまうので、何も対策をしないで長時間浴びているとシミの原因になる場合もあります。この紫外線対策をするのに便利なのが日焼け止めですがこの日焼け止めも万能な訳では無く、場合によっては肌荒れが発生する事もあります。塗る日焼け止めには紫外線をカットする為に刺激が強い成分が配合されている商品が多いです。敏感肌の方は少しでも負担がかかると肌荒れが発生するので、肌を守る為に日焼け止めを使っても損をする結果になってしまいます。

 

ノンケミカルの日焼け止めの方が肌にいい?

紫外線対策には必要なアイテムの日焼け止めクリームですが、敏感肌の方は肌が荒れてしまったりと肌のトラブルの原因にもなりやすいです。そこで登場したのが肌に優しいノンケミカルの日焼け止めです。ノンケミカルが肌に優しい理由として、肌トラブルの原因となる紫外線吸収剤が配合されていません。その代わりに紫外線散乱剤が配合されていますが、この散乱剤は自然由来の成分や自然鉱物から作られた成分なので肌に化学反応を起こさないので肌にとても優しいです。

 

ノンケミカルの日焼け止めを選ぶ際の注意点

紫外線吸収剤と比べる白浮きしたり肌に馴染まなかったりと使い心地が悪い部分もあります。赤ちゃんに使う方や敏感肌の方はノンケミカルの日焼け止めを購入する際は他の化学成分、添加物が配合されていないことをしっかり確かめてください。ノンケミカルと書いてあってもアルコールや界面活性剤などが配合されている場合もありますので、ご注意ください!ノンケミカルの日焼け止めはSPFが低いものや汗や水ですぐ取れてしまうものが多いです。紫外線の強い日中に長時間出かける場合は、SPFが高い、汗に強い日焼け止めを使うことをおススメします。その都度の場面で日焼け止めの使い分けをして肌への負担を減らしましょう!