日焼け後 スキンケア

うっかり日焼の後は体の中からスキンケア

サングラスをかけて日焼けしている女性

夏場だけでなく、春頃の紫外線も実はその影響力は強く、赤くなったり黒くなったりするだけでなく、乾燥やシミ、そばかすを招いてしまいます。それ程太陽が明るくはないから大丈夫だろうと油断して外に長時間いて室内に入ってみると肌が真っ赤になっていてうっかり日焼けをしてしまう方も少なくありません。

 

春頃になると温かくなることから、外出する機会も増えますが、紫外線対策をついつい怠ってしまうことが多くなります。その日焼けがシミやそばかすを作ってしまうことから、もしもうっかり日焼けをしてしまったら、その後のケアをきちんと行わなければなりません。化粧水や美容液、クリームなどを使ってメラニンの生成を抑えることも大切ですが、体の中からケアすることも出来ます。

 

トマトを食べて体の中からスキンケア

トマト

トマトにはリコピンが含まれていて、これが非常に効果を発揮してくれます。リコピンには抗酸化作用があり、日焼けによって酸化してしまった細胞を元の元気な状態に戻してくれるといった効果が期待出来ます。リコピンを体内で生成することは出来ませんから、食べ物から取り入れる必要がありますので、積極的に含まれている食品を摂るようにしましょう。

 

トマト以外の野菜や果物でも大丈夫です。基本的には、赤色の食べ物であればリコピンが含まれている場合が多いです。スイカやピンクグレープフルーツ、赤色のパプリカなどにも含まれていますが、その中でも群を抜いて保有量が高いのがトマトなのです。最近では、フルーツトマトと呼ばれるような甘くて美味しいトマトも出回っていて、サラダとしてだけではなく、デザート感覚で楽しむことが出来るようになりました。

 

ピザ

また、生で食べるだけでなく、調理方法もいろいろありますので飽きがこないように工夫してみてくださいね。そのままカットしてサラダに盛り付けたり、トマトたっぷりのスープとして食べたり、パスタソースとしてもお使い頂けます。リコピンは脂溶性なので、油に溶けやすいのですが、イタリア料理などではトマトソースが数多く存在しますが、そこへオリーブオイルをたっぷりかけているあの方法は、吸収率を上げてくれる効率の良い食べ方なのです。パスタやラザニア、ピザなんかがそうです。

 

熱さで火照った体を冷やしたトマトでクールダウンさせるのもおすすめです。トマトには体温を下げる効果がありますから、暑さで参った時には水分補給と共に体の火照りを抑えてくれる働きもあります。ついつい紫外線対策を忘れてしまうこともありますが、飲む日焼け止めとして上手に取り入れて大事な肌を守っていきましょう。

 

参考記事:なんで飲むだけで日焼け止め効果が?紫外線から肌を守るメカニズム