フェーンブロック 効果

飲む日焼け止めの主要成分フェーンブロックの効果

フェーンブロックは日焼け止めに効果があると言われており、ジェルとしてでなく、サプリなどにも使用されることがあります。シダ植物から抽出されるPLエキスを多く含んでおり、近年ではフェーンブロックという名ではなく、PLエキスやシェードファクターと呼ばれています。

 

フェーンブロックの主要成分と紫外線に対する作用

このフェーンブロックの主成分であるPLエキスは、紫外線を浴びたことによって起きてしまうシミやしわを事前に予防することができます。飲むタイプであるので、なじみがあまりありませんが、フェーンブロックには抗酸化作用やDNA保護作用、皮膚の構造を維持する作用、免疫防御作用といった効果があり、服用することでシミやしわはもちろんのこと、日焼けのし過ぎや皮膚がんなどの予防効果も期待できます。紫外線を浴びたことによるダメージの修復を素早く行うことができるので、皮膚の状態を健康に保つこともできます。

 

フェーンブロック配合の飲む日焼け止めの使い方

日焼けは夏だけでなく、梅雨時期にも起こります。紫外線も意外と強く、きちんとケアをしない場合、あっという間に赤く焼けてしまうことがあります。梅雨時期は曇りの日が多いですが、曇りの日でも紫外線は多く放出されているので、1年を通してケアを行うようにしましょう。若い時にはできていなかったシミやしわも35歳を過ぎるとあっという間に皮膚の表面にあらわれてきます。現れる前のケアがとても大切なので、日焼け止めクリームをつけるようにし、紫外線が強い日にはフェーンブロックを服用すると良いでしょう。

 

敏感肌の人にもおすすめ

フェーンブロックは皮膚が弱い人にも使用することができます。また、紫外線が強いと思われる日に飲むだけで効果があり、毎日飲む必要はありません。紫外線が吸収されるのを防ぐため、肌が赤くなるのを防ぐのはもちろんのこと黒くなるのも防ぐことができます。さらに、日焼けによってできてしまう湿疹やかゆみといった症状も抑えることができます。日の光に敏感な場合は、フェーンブロックを事前に服用しておくと安心です。