飲む日焼け止め 効果

これからの紫外線対策は飲む日焼け止め

日光を浴びる女性

日焼け止め対策といえば日焼け止めクリームでの紫外線対策を考える方が多いと思いますが、これから注目すべきは海外ではすでにスタンダードになっている飲む日焼け止めです。

 

飲む日焼け止めだけで効果は十分感じられますが、紫外線対策、スキンケアは体の内と外の両方から行うことで最大限の効果が期待できます。

 

なぜ飲むだけで日焼け止め効果が?

腕組みをする女性

飲む日焼け止めが効くと言われる理由は、抗酸化成分がたっぷりと含まれているからです。各種ビタミンのほか日焼け止め成分のニュートロックスサンやフェーンブロックなどが配合されており、紫外線のダメージから体の内側から肌を守ってくれます。

 

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌を乾燥させて傷つけてしまうのです。乾燥した肌がダメージを受けやすい理由は、保湿力が低下しているからです。

 

保湿されてプルプルになった肌は紫外線のダメージを受けにくいと言われており、日焼けをしにくい上多少黒くなってもすぐに元に戻ってくれます。

 

保湿は化粧水や美容液でも行えますが、日焼け止めサプリを飲んで体の内側から保湿するとより効果的です。また、日焼け止めサプリには黒ずみやシミなどに効く成分も含まれているものも多く肌老化を抑制し美肌効果も期待できます。

 

矢印参考記事:肌老化を進めている最大の原因は紫外線だった


おすすめの飲む日焼け止めランキング

下記のランキングは当サイト運営者によりコスパを基準にしたランキングを作成しております。

 

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール


インスタで話題に上がり、女性誌でも取り上げられた人気上昇中の飲む日焼け止めサプリ。日焼け止め成分はニュートロックスサン配合、99.9%が植物由来成分で美容効果も期待できる上、体にも安全安心。初めてお買い上げの方は990円で15日間の全額返金保証付きでコスパも高く初めての人にも試しやすいですね。

価格 ¥980
容量 1袋60粒(※1ヶ月分)
摂取量 2粒/日(※目安)
返金保証 15日間全額返金保証付き

公式サイト
http://kirarithm.com

※参考動画:紫外線対策(後半にホワイトヴェールについて語っています。)
※参考記事:飲む日焼け止め|国産日焼け止めサプリ「ホワイトヴェール」の口コミ

 

セラミドファイン

セラミドファイン


紫外線による肌老化の原因となる保湿不足を体の中からサポートする日焼け止めサプリ。紫外線ダメージを体から守る「セラミド」と紫外線トラブルをくりあにする「フィトール」成分配合。初めてお申し込みの方は初回1,980円でどんな理由でも30日間全額返金保証付きのお試しにはぴったりのサプリメントです。

価格 初回¥1,980
容量 1袋90粒(※1ヶ月分)
摂取量 3粒/日(※目安)

公式サイト
http://brighteningcare.com

 

ポルク(当サイトオススメNo.1)

ポルク


飲む日焼け止めを日本で早くに販売を開始されたサプリメントのポルク。定期購入で6,980円と価格は高いのですが、その効果は当サイト運営者も既に体験済みで自信を持ってお勧めできる飲む日焼け止めの一つ。日焼け止め成分はニュートロックスサンを配合。そのほか、肌老化対策に期待できる、リコピン、ルテイン、クロセチンなど多くの美容成分配合で紫外線対策と美肌効果が期待できます。

価格 ¥6,980
容量 1箱60粒(※1ヶ月分)
摂取量 2〜5粒/日(※目安)

公式サイト
http://polc.jp

※ポルクのレビュー記事はこちら:飲む日焼け止め「ポルク」を使ってみて感じた効果

 

雪肌ドロップ

雪肌ドロップ


シトラス果実とローズマリー葉エキス配合で紫外線ダメージを56%カット。年齢を重ねるごとに加速される肌老化の防止を期待できるサプリメント。飲み続けることで紫外線による肌老化、ダメージを体の中からケアしブロックする効果が期待できます。日焼け止め成分はニュートロックスサン。その他、カロテノイド、システイン含有酵母、混合ハーブエキス等配合。初回購入は実質無料とコスパの高いサプリメント。

価格 初回購入実質無料(※送料¥500相当のみ)
容量 1袋60粒(※1ヶ月分)
摂取量 2粒/日(※目安)

公式サイト
http://dreamy-beauty.com

※参考記事:飲む日焼け止め|「雪肌ドロップ」の効果

 

マスターホワイト

マスターホワイト


紫外線によりダメージを受け、くすんだ肌の透明感を育む美容に注目の高級美容成分「プロテオグリカン」「アスタキサンチン」をはじめ「L-シスチン」「ヒアロコラーゲン(ヒアルロン酸・コラーゲン)」「エラスチン」「セラミド」を贅沢に配合したインナー美容サプリ。肌のくすみ改善効果を実感できたユーザーも多く、年齢によりあきらめていた人にお試しいただきたいサプリメント。

価格 ¥6,480
容量 約30日分
摂取量 4粒/日(※目安)

公式サイト
http://masterwhite.net

 

日焼け止め効果だけじゃない飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めにはターンオーバーを活性化させる効果もあり、メラニン色素の排出を促進させてくれます。ターンオーバーが乱れていると、肌にとって不要なものを溜め込むようになってしまいます。さらに美肌成分もうまく吸収されなくなるので、ターンオーバーの正常化は必須条件となります。飲む日焼け止めにはニュートロックスサンが配合されたものが多いです。天然のポリフェノールの一種でありシトラスやローズマリーなどの天然植物が原料となっています。

 

活性酸素を除去する作用が強く細胞の炎症も抑制してくれます。体の内側からケアをするので、スキンケアが手薄になっても美肌には効果的なんです。

 

飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)の主なメリット

    肌の白い外国人女性

  1. 日焼け止めクリームを塗る手間がなくなる
  2. 日焼け止めクリームの塗り忘れによる日焼けを防ぐ
  3. 日焼け止めクリームによる肌への負担・トラブルがなくなる
  4. 日焼け対策だけでなく美肌・美白対策もできる
  5. 1年を通して日焼け・紫外線対策ができる
  6. サプリメントのため肌トラブル等の副作用の心配がない
  7. 日焼け止めクリームによる紫外線対策よりも長期的な費用対効果が高い

 

飲むだけだから1年を通して使いやすい

多くの方は太陽の日差しの強い春から夏の間だけ日焼け、紫外線対策を行いますが、紫外線は1年を通して降り注いでいます。もちろん、紫外線量は冬場を中心に弱くはなりますが、紫外線を浴びた肌は紫外線の影響を受けています。そのように受け続けた紫外線のダメージは年齢を重ねるにつれて、シミやしわとなって肌の表面に見える形で表れてきます。

 

肌老化の経過

 

肌老化のスピードは今まで受けてきた紫外線の量によってほぼ決まるといわれており、その量が多ければ多いほど年齢の若いうちに表面化し、見た目年齢をも高めてしまいます。そのため、日焼け止め・UV対策は1年を通して続けなくては効果が出にくいのです。

 

肌の断面図

 

そのため、紫外線対策は日差しの強い夏場だけではなく、1年を通して対策する必要があります。冬になると紫外線を受けている実感も少ない為、ケアを怠りがちになってしまいますが、こまめな対策をして見た目年齢の若さを保っていきましょう。

 

冬に日焼け止めクリームや等で紫外線対策を行うことは、手間もかかりますし塗り直しなども非常に面倒ですよね。そんなときに飲む日焼け止めが紫外線予防にはぴったりなんです。

 

健康食品に分類されるサプリメントだから安全

日焼のメカニズムを簡単に説明しますと、紫外線を受けることで体内で活性酸素が発生し細胞を酸化させることで日焼けや肌老化を起こします。飲む日焼け止めに含まれる成分は、体内で発生した活性酸素を破壊するとされます。

 

サーフボードを持つ女性

 

主成分のファーンブロックは、中央アメリカに生息するシダ植物から抽出されたエキスで100%の天然成分となります。体に害を与えるようなものは含まれておらず、飲む日焼け止めとは言え医薬品に区分されるのではなく健康食品のサプリメントとして扱われます。

 

子どもが飲んでも安全

実際に服用できるのは4歳以上の子供からでも問題ないと言われているため、アレルギーでもない限りは安全性は確かなものと言えます。現在では世界50ヶ国以上の病院で処方されていて、症例数は非常に多いのですが、問題となるような副作用の報告はないようです。念のためメーカー側としては体の調子が悪いときは服用を中断して、かかりつけの医師に相談するようにと注意書きを入れていますが、際立った問題というものはありません。

 

矢印参考記事:紫外線吸収剤不使用!無添加・無香料・無着色!赤ちゃんにも使える安心安全の日焼け止めスプレー

 

小さい子どもの顔

 

現状では副作用のリスクもありませんし、多くの皮膚科医が推奨するということで、安全に使用することができます。購入は美容皮膚科などの病院での処方か、個人輸入代行サイトからの取り寄せとなりますが、人気が高いせいか個人輸入では偽物を販売しているところもあるかもしれないので注意しましょう。

 

飲む日焼け止めの効果と持続性

どうしても日焼けをしたくないという時は、肌に塗るタイプの日焼け止めだけでなく、飲む日焼け止めサプリメントを使う方法があります。ただ気になるのが、日焼け止めサプリメントの効果と持続性です。日焼け止めサプリメントはどれほど効果があって、どのくらい持続性があるのでしょうか。

 

日焼け止めサプリメントのメカニズム

飲むタイプの日焼け止めは、大きく分けて2つの種類があります。それは、どのような有効成分が含まれているかによって分類されます。

 

フェーンブロック

原料がシダ植物のフェーンブロックが入っているタイプです。フェーンブロックの主な効果としては、皮膚の紫外線ダメージの抵抗力を高め、皮膚が老化をしたり、色素沈着を引き起こすことを予防します。

 

ニュートロックスサン

原料がローズマリーと柑橘類のエキスであるニュートロックスサンが含まれているタイプです。ニュートロックスサンは、肌の損傷を防ぐことができ、皮膚本来がもっている日焼けのメカニズムに影響を及ぼすことはありません。

 

飲む日焼け止めサプリメントの使い方

フェーンブロックもニュートロックスサンも、どちらのタイプのものも、色が黒くなることよりも、肌が傷つくことを防止することに重きをおいています。肌が黒くなりたくないという方は、塗るタイプの日焼け止めと併用をした方が効果が高まります。日焼け止めサプリメントのフェーンブロックとニュートロックスサンの成分は、どちらも植物由来のため天然成分なのですが、アレルギーを起こす方もいらっしゃいます。花粉や食べ物などでかゆみなどの症状が出てしまうアレルギー体質の方は、特にアレルギー症状が出る可能性があることを頭において服用をするようにしましょう。

 

選ぶ時の注意点

飲む日焼け止めを購入するときには、商品に有効成分のフェーンブロックやニュートロックスサンが、何mg配合されているかどうかを確認しましょう。ニュートロックスサンの公式サイトでは、1日に250r飲むことで十分効くと書かれています。また、フェーンブロックは、240〜480r飲むことで十分だということです。サプリメントによっては、有効成分の記載がないものもあり、注意をして購入することが大切です。

 

美肌効果もある飲む日焼け止め

また、美肌効果のある成分が併せて入っているタイプのサプリメントも多く販売されています。肌のシワやシミを防ぐことができるリコピンや、紫外線を浴びないことで不足しがちになるビタミンDが配合されているサプリメントがおすすめです。

 

飲む日焼け止めサプリメントの持続性

飲む日焼け止めは、様々な会社から何種類もの飲む日焼け止めサプリメントが販売されているのですが、種類によってどのくらい持続するのかが異なります。日本の美容クリニックドクターが監修しているA社の商品は、日焼けをしそうなときに飲むもので、2時間ごとに1錠必要です。2時間以上紫外線を浴びる時には、もう1粒飲んで対処します。

 

一方で、フェーンブロックの成分やクロセチンなどが配合されているB社の飲む日焼け止め商品は、朝に2〜5粒飲むことによって、1日中持続すると言ったように商品によって持続する時間は様々です。どのくらい紫外線を浴びるのか時間が定まっていない場合は、1日中効くタイプの商品を選ぶと便利です。

 

また、日焼けをしたくない日の一週間前から服用をするタイプのC社の商品もあります。この商品は、フェーンブロックの成分以外に、セラミドやカロテンなどが配合されており、飲み始めてから7日間で効きはじめます。飲む日焼け止めは、様々な種類があるため、目的に合わせた商品を選ぶことが大切です。また、購入時にはフェーンブロックやニュートロックスサンの有効成分が配合されているかどうかを確認し、塗るタイプの日焼け止めと併用することで、日焼けをしにくくなります。

飲む日焼け止めの安全性

飲む日焼け止め「ポルク」

テレビや雑誌など各メディアで紹介され話題となった飲む日焼け止めは、売り上げが爆発的に伸びて売り切れも続出しています。飲むだけで日焼け止めができるということから、従来の皮膚に塗るクリームなどより手軽に利用できる点で大きなメリットとなっていますが、問題は体内に取り込まれた成分が副作用を起こさないか、人体に影響はないのかといった安全性が気になるところです。

 

そもそも、飲んだだけで外部から影響を受ける紫外線をどうして回避できるのか気になる人も多いとは思いますが、その理由として使用されている主成分にあります。

 

どの飲む日焼け止めを販売しているメーカーでも副作用はほとんど無いとされています。その根拠は成分にあります。海外製では主成分にはフェーンブロックというシダ植物から取れる抽出物を使用しています。また、日本製の主成分にはニュートロックスサンというシトラスとローズマリー葉から取れる抽出物を使用しています。その他にはパイナップルから抽出されたフィートルを主成分として使用しているブランドもあります。どれも共に自然から抽出されたものなので安全性は高いです。

 

肌トラブル等の心配なし

最近になって購入者が増えてきている飲む日焼け止めは、飲むだけで紫外線をカットする効果が出てくれるので肌に直接塗らなくても良いのがメリットです。肌が弱い方でも使用出来るので肌をちゃんと守れます。

 

薬ではなく健康食品扱いとなっているため安全

刺激が強い成分を摂取するとなると副作用を心配される方も居ますが、飲む日焼け止めは薬扱いはされていません。サプリメントとして販売されている物が多いので、飲んでから辛い副作用が出る報告も少なく、医療関係の仕事をしている方からも人気があります。

 

体の中から肌老化を防ぐのが飲む日焼け止め

サプリメントなので体に良い成分が配合されている商品もあります。肌の調子が整う成分が含まれている商品もあるので美肌を目指しているならお得です。飲むだけなのに何故紫外線をカット出来るのかと疑問に思う方が居るのも無理はありませんが、飲む日焼け止めは紫外線自体を肌に当たらないようにカットしてくれる訳ではありません。紫外線を浴びると肌に悪影響が出るような成分が体内で発生してしまいますが、この成分を取り除いてくれるようになるので紫外線を多少浴びても肌が荒れるのを防げるようになるという仕組みになっています。植物由来の成分を主成分として使用しているおかげで体に悪い影響が出ないようになっています。価格も安いので日焼け止めを塗る前に試すとお得です。

 

医療機関でも入手可能

海外製と日本製で主成分は異なりますが、どちらにしても紫外線ブロックの効果と安全性が高い飲む日焼け止めを選ぶ際は、主成分を確認することをお勧めします。どうしても不安が拭いきれないという方は医療機関で処方して貰う事もできますので、お近くの皮膚科で相談いただくことをおすすめします。

 

妊娠中の日焼け対策は?飲む日焼け止めは飲んでも大丈夫?

妊娠中に日焼け止めを塗っても大丈夫なの?という方もいらっしゃると思います。日焼け止めに配合されている成分に注意すれば、日焼け止めは妊娠中でも使用は可能です。むしろ紫外線対策をしっかりすることをお勧めします。

 

妊娠中は肌トラブルを起こしやすい!?

なぜなら妊娠中は赤ちゃんを守る防衛反応が強く出るのでメラニン色素が作られやすいです。さらに体調がすぐれない時はビタミンなどの栄養分も摂取する事が出来ません。その為、肌にしみやくすみ出来やすいです。

 

妊娠中の日焼け止めを使う際の注意点

日焼け止め使用の際に注意してほしいことは妊娠するとホルモンバランスの変化により敏感肌になっているので、今まで使用していた日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう可能性がある事です。ですので、日焼け止めは妊婦さん用、もしくは敏感肌用を使用しましょう。赤ちゃんのことも考えて化学薬品が入っていないもの、天然成分で出来たもの、無香料ものなどを選びましょう。※気になる場合は、かかりつけの産婦人科の先生に相談するようにしましょう。

 

お医者さん

 

最近ではオーガニックUVコスメの種類もたくさん出てきているのでチェックしてみてください。自分で選ぶのが不安という方は産婦人科のお医者さんと相談してからの方が安心ですね。


塗る日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めの選び方としては、自分のライフスタイルに合っているかどうか、どの箇所に使用するか、どのくらいの程度のUVケア効果を期待するかなどです。着目すべきポイントとしては、どのようなタイプでどのようなテクスチャーであるか、顔用かボディ用か、紫外線の防止効果をあらわす目安であるSPFの数値はどのくらいかなどについてです。

 

SPFはどれくらい?

SPFの数値は高ければ高いほど日焼け止めの効果も高いということになります。通勤や通学や買い物などの日常生活で使用する場合はSPF30程度で十分です。長時間屋外で過ごすレジャーなどで使用する場合はSPF50程度のものを選びましょう。そして、日焼け止めをこまめに塗りなおすということも心がける必要があります。

 

塗る個所によって使うものを選ぶ

夏場は汗や皮脂の分泌が活発になるので日焼け止めが流れてしまい効果が弱まってしまうことがありますので注意しましょう。顔に使用する場合は顔用のものを選び、首から下の体に使用する場合はボディ用のものを選びましょう。顔に使用する場合は、メイクののりが悪くなったりすることもありますのでUVケア効果がある専用の化粧品を使用するのもおすすめです。

 

テクスチャーで選ぶ

そして、自分の好みの使用感やテクスチャーのものを選ぶということも大切です。日焼け止めが苦手であるという人にはローションタイプジェルタイプの柔らかめのテクスチャーで肌に薄く伸びるものがおすすめです。日傘や帽子と組み合わせて紫外線対策をするという方法も効果的です。

 

塗る日焼け止めクリームの落とし穴

美肌を保つには肌のお手入れは欠かせませんが、初心者の方は紫外線対策をしていない方も多いです。太陽光に含まれている紫外線は肌に負担をかけてしまうので、何も対策をしないで長時間浴びているとシミの原因になる場合もあります。この紫外線対策をするのに便利なのが日焼け止めですがこの日焼け止めも万能な訳では無く、場合によっては肌荒れが発生する事もあります。塗る日焼け止めには紫外線をカットする為に刺激が強い成分が配合されている商品が多いです。敏感肌の方は少しでも負担がかかると肌荒れが発生するので、肌を守る為に日焼け止めを使っても損をする結果になってしまいます。

 

ノンケミカルの日焼け止めの方が肌にいい?

紫外線対策には必要なアイテムの日焼け止めクリームですが、敏感肌の方は肌が荒れてしまったりと肌のトラブルの原因にもなりやすいです。そこで登場したのが肌に優しいノンケミカルの日焼け止めです。ノンケミカルが肌に優しい理由として、肌トラブルの原因となる紫外線吸収剤が配合されていません。その代わりに紫外線散乱剤が配合されていますが、この散乱剤は自然由来の成分や自然鉱物から作られた成分なので肌に化学反応を起こさないので肌にとても優しいです。

 

ノンケミカルの日焼け止めを選ぶ際の注意点

紫外線吸収剤と比べる白浮きしたり肌に馴染まなかったりと使い心地が悪い部分もあります。赤ちゃんに使う方や敏感肌の方はノンケミカルの日焼け止めを購入する際は他の化学成分、添加物が配合されていないことをしっかり確かめてください。ノンケミカルと書いてあってもアルコールや界面活性剤などが配合されている場合もありますので、ご注意ください!ノンケミカルの日焼け止めはSPFが低いものや汗や水ですぐ取れてしまうものが多いです。紫外線の強い日中に長時間出かける場合は、SPFが高い、汗に強い日焼け止めを使うことをおススメします。その都度の場面で日焼け止めの使い分けをして肌への負担を減らしましょう!

 

紫外線と肌が黒くなる理由

紫外線を浴びると肌が黒くなりますが、これはメラニン色素の分泌が活発になるからです。白人の場合は赤くなる場合が多く、日本人とは日焼けの仕方が異なります。日本人も肌の色は個人差がありますが、総じて言えるのは色白の方ほど日焼けしやすいことです。つまりは紫外線のダメージをより受けやすいので、黒ずみ、シミが発生しやすくなってしまうのです。それを防いでくれるのが最近人気が急上昇している飲む日焼け止めなんです。

 

季節ごとの紫外線量

 

1年の紫外線量のグラフ

 

紫外線量は3月頃から増え始め5〜8月頃がピークとなります。ですので早めの対策を心がけてしっかりと紫外線から肌を守りましょう。肌は紫外線による刺激を受けるとメラノサイトからメラニンが生成されてそれが色素沈着を起こしてシミやソバカスとなって皮膚にあらわれます。うるおいが失われて肌が乾燥しやすくなり様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなりますので、自分に合った日焼け止めを選んで効果的に紫外線対策をしていきましょう。

 

実は1年中紫外線は浴びている!?

紫外線を意識するのは夏の前後、特に暑い日差しを感じる時期だけを意識している方が多いと思います。しかし、日焼けは私たちが感じることのできない紫外線による現象であって、暑さとは無関係なんです。暑さを感じているのは赤外線によるものであって、紫外線ではありません。上述の通り、冬場の紫外線は1年の中では弱いものになりますが、常に私たちに降り注いでいます。また、標高の高い場所や雪の照り返しがあると通常の2倍近い紫外線量となりますので、そのような状況では日焼け止め・紫外線の対策が必要となります。

肌老化を進めてる最大の原因は紫外線だった!

意外と知られていない肌老化の一番の原因は紫外線によるものです。普段の生活で浴びている紫外線で肌は刻々と老化してきます。肌老化は一生に浴びた紫外線量に比例するといわれているように、蓄積された紫外線量が年齢を重ねるごとに、しわやシミ、くすみとなって肌の表面上に表れてくるのです。そのため、年齢を重ねて肌老化が目に見える形で表れてからではなく、まだ表面化する前の若いうちから紫外線対策をしていく必要があるのです。

 

肌老化を促す紫外線の種類

肌に悪影響を及ぼす紫外線にはUVAとUVBがあり、UVAが紫外線の85%を占めています。

 

UVAの光の光線はUVBに比べて弱いですが、その光は肌の内部にまで届きます。そしてコラーゲンやエラスチンを破壊する活性化細胞を作り出して肌のたるみやシワの原因となります。UVBは光の光線が強く肌のメラニン色素を作りだす働きがあります。しみ、くすみの原因はこれによるものです。肌に浴びる紫外線だけが悪影響を及ぼしているわけではありません。目から入ってくる紫外線も肌老化の大きな原因になっています。

 

目に入る紫外線の量は肌の3倍と言われているので実際は肌よりも深刻な悪影響を受けています。目から入った紫外線が脳にメラニン色素を作るように指示してしまい、結果しみ、くすみが出来てしまうのです。日焼け止めクリームを塗ったからOKではなく、目から入る紫外線を防止するためにUVカット加工がされたサングラス等での対策も肌の老化を止める為には必要です。

 

夏の終わりの時期には肌の乾燥が気になったりくすみ、シミが気になり始める方も多いのではないでしょうか?それは夏の間に浴びていた強い紫外線により肌老化が進行している可能性が高いものです。塗る日焼け止めを塗ってもムラがあったり汗で落ちてしまったりと紫外線を直接肌に浴びてしまっているのです。

 

そこで欠陥を補ってくれるのが”飲む日焼け止め”です。

 

飲む日焼け止めで肌老化の防止と見た目年齢の若さを保つ

飲む日焼け止めの効果は高く、紫外線を浴びて肌内部で作られるメラニン色素(シミ、くすみの原因)をブロックしてくれます。さらに肌老化の原因となる紫外線で発生するフラージカルを壊して肌内部のバリアを守る働きもしてくれます。シミやくすみなど、濁りのない肌は見た目年齢を若くしますので、早めの対策をおすすめします。

 

肌の見た目年齢

 

ただし肌外部から入ってくる紫外線はブロック出来ないので、さらに効果を上げたい方は塗る日焼け止めと併用して使用する事をお勧めします。”飲む日焼け止め”のブランドはいくつかありますが、海外発のヘリオケアは医薬品類という事もあり紫外線ブロックの効果は高いです。